ご挨拶

皆様には平素より当金庫をご利用いただき、心よりお礼申しあげます。

昨今は、困難が多い時代と言われておりますが、困難が多いときだからこそ、地域との密着を強め、汗をかき、知恵を結集していくことが、私の考える信用金庫の基本であり、地域と「使命共同体」の精神だと考えております。

根釧管内には、企業の技術力や商品・サービス・ノウハウ、また、地域独特の文化、歴史など様々な地域資源が存在しております。私は、これらの地域資源の潜在的可能性を引き出し、地域内の「人」と「知恵」と「思い」をつなぎ、地域の価値を高めていくことが、厳しい時代にふさわしい信用金庫の役割だと思っております。

また、信用金庫は「ミツバチ産業」だと思っております。花から花に飛び、花粉をたくさんつけて動きまわるミツバチのように、情報という花粉をたくさんつけて、地域内のお客さまを訪問し、お客さまのニーズに合った提案活動を行っていくことが地域価値の向上には必要だと思っております。

今後も役職員一人ひとりが豊かな感性と情熱を持ち挑戦し続けることがお客さまへの感謝の気持ちと恩返しに繋がるということを心に刻み、皆様とともに未来へ向かって進んでいきたいと願っております。

理事長 遠藤修一