インターネットバンキングサービスをご利用のお客さまへ

インターネットバンキングサービスをご利用のお客さまへ

大地みらい信用金庫

!スパイウェアによる不正取引について

スパイウェア(注1)と呼ばれているソフト等が電子メールやフリーソフトを通してお客さまのパソコンに入り込み、パスワードなどを不正に盗んで振込を行う事件が発生しております。心当たりのない電子メールや不審なフリーソフトに注意してください。

今のところ、当金庫のお客さまの被害報告はありませんが、下記の事項を参照して対策をお願いします。

なお、WEB-FB、WEBバンキングのパスワードの方式は安全性の高いPIN方式(注2)を採用しております。

  • (注1)スパイウェアとは、パソコンなどに入力された個人情報を利用者が気がつかないうちに機密情報などを収集して、インターネットで送信するソフトです。
  • (注2)PIN方式とは、届け出た10桁の数字のうちから、システムが指定した桁の2個の数字を入力する可変のパスワードです。
  1. スパイウェア対応のセキュリティソフトの使用(ウィルスデータを最新のものに更新)をお願いします。外部からの侵入を検知するのでスパイウェアの侵入を防ぐ確率が高くなります。 なお、新種のスパイウェアの場合は検知できない場合もあります。
  2. 適切な振込限度額の引き下げをお願いします。 被害を最小限にするために、適切な振込限度額に引き下げます。引き下げる場合は、申込書に引き下げ後の限度額を記入してお取引店へ提出してください。
  3. インターネットバンキングで資金を出金する口座は、必要最小限の残高でお願いします。
  4. 感染した場合はご利用を停止してスパイウェアの駆除をお願いします。詳細の対処方法は、セキュリティソフトのメーカーのホームページを参考にしてください。

※ トレンドマイクロ社はこちらからご覧頂けます。


!当金庫を偽装して郵送されるCD-ROMにご注意ください

今般、マスコミ報道されておりますように取引金融機関を装って送られたセキュリティ対策用ソフトと称するCD-ROMを、インターネットバンキング利用者がインストールすることにより、本人の知らないうちに預金口座から別の金融機関の口座へ送金されるという事件が発生しております。 インターネットバンキングをご利用いただいておりますお客さまには、今回の事例に基づきつぎの点について注意を呼びかけているところでございますので十分ご留意ください。

  1. 当金庫と称した CD-ROM が送られてきた場合は、パソコンに挿入しないでください。当金庫では、CD-ROM でソフトウェアをお送りするようなことは一切行っておりません。 万一、当金庫名で CD-ROM が送付された場合には、絶対にパソコンに挿入することのないようご注意いただくとともに、当金庫までご連絡ください。
  2. 預金残高をご確認のうえ身に覚えのない取引等がある場合は、すぐにご連絡ください。 口座の取引明細や残高、登録情報はこまめにご確認いただき、身に覚えのない不審な取引が認められた場合には、直ちに当金庫までご連絡ください。 お客さまのインターネットバンキングのご利用を停止させていただきます。
  3. 心当たりのない電子メール等は安易に開かないことをお勧めします。 今回の事例以外にも、他の金融機関ではお客さまのパソコンにスパイウェアを侵入させパスワードを盗むなどして不正に振込出金するといったケースが報告されています。心当たりのない電子メール、不審な CD-ROM やフリーソフト等には十分ご注意ください。 当金庫は、お客さまに安心してお取引いただけるよう、ネットワーク社会の信頼性を損なう悪質な犯罪に対してセキュリティ強化に努めて参りますので、今後とも当金庫をご愛顧くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

!金融機関と称した電子メール詐欺が発生しておりますのでご注意ください

一部の金融機関では、セキュリティーのためと称して本人確認を促す電子メールが配信され、インターネットバンキングのパスワードや暗証番号、ご利用のクレジットカードの番号や暗証番号などの重要情報を入力させることにより、個人情報を不正に取得しようとする事件が発生しております。
当金庫では、電子メールでこうした暗証番号などの重要情報をお尋ねすることはいたしておりませんのでご注意ください。

ご不明な点がございましたら、事務部システム管理担当(0153-24-4106)へご連絡ください。